医療保険おすすめランキング

 

生命保険

 

生命保険

 

生命保険

 

生命保険

 

生命保険

医療保険とは

医療保険

病気やケガを負って入院治療などを受けた時に、それらの費用をカバーするために入る保険が医療保険です。一言で医療保険といっても、その中身は、入院保障と手術給付金、そして先進医療特約などの基本的な保障に加えて、各種の特約をつけることになります。それぞれの項目について、もう少し細かく見て行きましょう。

 

基本保障その1 入院給付金日額

入院給付金日額というのは、入院1日について、あらかじめ決められている金額の給付金が発生するものです。多くの保険では、給付金額を5,000円〜20,000円程度に設定してありますが、これは払込み金額によって変わってきます。そして入院給付金には、1入院あたりの支払限度日数が決められています。現在は、1入院あたり30日が限度のものから、1095日と長期のものまで、数多く存在してます。これも限度日数が長くなればなるほど、払込金額も多くなります。

基本保障その2 手術給付金

手術給付金というのは、被保険者が決められた手術を受けた時に、受け取ることができる給付金のことです。この手術給付金で受け取ることができる金額は、手術の種類によって決められた給付倍率(10倍、20倍、40倍など)によって決められる場合と、一律10万円などに決められているものがあります。また回数に関係なく受け取ることができるものと、支払い回数が限定されているものがあります。

基本保障その3 先進医療特約

先進医療特約と呼ぶように、これは基本的に特約ですが、保険によっては基本保障に含まれています。先進医療とは、健康保険でカバーされない最先端の治療方法をもちいた治療のことを指し、その種類は厚生労働大臣が決めています。最先端の治療技術であることに加えて、健康保険がきかないために全額自己負担となるために、治療にかかる費用は高額になります。その中でも特に高額なのは、一部のがん治療に非常に有効だとされている重粒子線治療です。

 

この治療では、1クールで約300万円前後の治療費がかかります。先進医療特約がついた保険に入っていなければ、この費用は自分で用意することになりますが、この特約をつけることによって、治療費をカバーすることができるようになります。またこの特約を付けたことで増える負担は、月額で100円前後と、とてもわずかです。もしも時に備えるといった保険の特性を考えれば、入っておいたほうが良い保障です。

 

様々な特約により複雑な医療保険

上記以外に、様々な特約があります。重い病気などで保険料の支払いが困難になった時に、支払いが免除される払込免除特約、一定期間で給付が無かった時に支払われる祝い金特約、ガン特約や生活習慣病特約、女性疾病特約などが一般的です。

 

 

医療保険は若いうちに加入する方がお得

最近はテレビコマーシャルなども盛んにされるようになり、医療保険が高いものであるといった間違えた認識も改善されつつあります。また終身型医療保険は、若い年齢のうちに入っておいたほうが、結果的に得すると言えますので、若いうちの加入がおすすめです。

 

複雑な保険選びをサポートしてくれる保険比較サイト「保険市場」

ボックス内の条件を選ぶだけで保険を無料比較!

保険市場で最適な医療保険を見つけよう!


 


このページの先頭へ戻る